浦臼町 マンゴー

旨みある牛肉と一緒にデザートも買いたい神内ファーム21の美味しいグルメ

神内ファーム21は北の大地で神内和牛あかを育てています。

 

 

北海道で生産された安心の国産飼料を与え、空気の綺麗な大自然の中で親子放牧しているのでストレスなく伸び伸びと育ち、肉質が良くなります。

 

 

さらに、厳しい検査をパスした牛のみを出荷するので、高品質でジューシーな肉本来の旨みを堪能できます。

 

 

全日本あか毛和牛協会から三ツ星の評価を得ている高品質で美味しい牛肉です。

 

 

神内ファーム21でショッピングするなら、神内和牛あかと合わせて買いたいものがありまう。

 

 

それが神内マンゴーです。

 

 

マンゴーといえば南国の果物ですが、なんと北海道の浦臼町でマンゴーが育てられているのです。

 

 

穏やかに輝く太陽光と清らかな水によってはぐくむ涼夏熟成という独特な方法で栽培されています。

 

 

北海道の厳しい寒さに耐えるよう2重フィルムハウスや陽光温室、人工光温室などのコストと手間をかけた設備を備え、24時間365日温度管理を徹底しています。

 

 

低温でゆっくりと時間をかけて熟成されるため、繊維質が少なくて食べやすく、糖度の高いマンゴーが育ちます。

 

 

しかも、完熟落果で最高の食べ頃状態で届けられます。

 

 

美味しいステーキを味わった後のデザートにはマンゴー、贅沢な取り合わせですね。

 

>>神内ファーム21公式サイトはコチラから<<